ヨガの練習を整体技術に融合させてみた 戦士のポーズ2

JUGEMテーマ:ヨガ・ストレッチ

ハタヨガの真髄

【白揚社】B・K・S・アイアンガー著 沖 正弘監訳

 

 

このアーサナ、かなりお気に入りです。

アシュタンガヨガのプライマリーの中でも

立ちポーズが終わり、座りポーズに入る前の

ひとつめのクライマックス!といった感じで

一人で盛り上がってしまいます。

 

形としては、さほど難易度は高くないはずですが、先生にも何度も修正されたり、練習会などでは、テーマになったりすることも多く、まさに【簡単なものほど難しい】の典型なようなポーズです。

 

上の写真にあるように、両足の股関節は共に外旋(がいせん)―――そとに旋回、クルッまわること

するのですが、上体を前方に捻ることと、前足の膝を曲げることにより、前足と後ろ足が、それぞれ違う種類の外旋になる気がします。

 

前足    歩行パターン まっすぐモモ上げ

後ろ足  スケートパターン  階段や山登りの時に、

地面を押す

 

という整体の施術 リハビリのパターンです。

左右のアンバランスで、逆にバランスをとる動きです

 

 

 

 

 

よし、掴めた!と自信に満ちて、スタジオに行くと

必ず直されます。

 

逆に意識しすぎか?

それとも全然、わかっちゃいないのか?

 

 

ただ、マイソールでは先生はしっかり見守ってくれていて、それまで毎回直されていたことがピタリと直されなくなったりします。そして、新たなポーズをくれたりするのです。

間違えでもなんでも、自分らしく進み、都度微修正していければと思う今日この頃なのです。

5秒のセルフタイマーのカメラのスイッチを、押して

からポーズに入るので時間が・・・

と苦しい言い訳

 

ヨガの好きな整体と一緒に

整体ストレッチの練習をしませんか?

下記よりお気軽にお問い合わせください。

 

https://peraichi.com/landing_pages/view/walkin

Posted by : スポーツ整体WALKIN | ヨガ練習記 | 14:24 | - | trackbacks(0)| - |
ヨガの練習を整体施術に融合させてみた。

 

日本を代表するアシュタンガヨガの総帥、ケン・ハラクマさんによると、ヨガには約4千年の歴史があると言われているようです。

施術の世界に目を向けると、タイ・マッサージでは、術者と受け手が息を合わせ体を整えていくので、2人ヨガなどと言われているようです。

確かにヨガの練習をしていると、「ん?!これは整体だ!」と思うことが多々あるのです。

 

 

その一つが、練習の最後に行うシャヴァーサナ(亡骸のポーズです。)

名前の通り、マットの上に仰向けになり大の字なるだけなのですが、すごく難しいのです。

肩は、天井の方に向かいマットにつきません。いわゆる、胸が開かない状態です。くびは歪み、頭は斜めに向いてしまいます。

もしかして死体のエキストラとしては、合格かもしれません。しかし、このポーズの狙いは大地に身をゆだね、呼吸を通すためだけのモノのごとく脱力することなのです。ここでよく先生が、両手のひらで肩の真上から心地良い体重圧をかけて胸を開いてくれます。アジャストと同時に、「あっ 開いてなかったんだ!」と、自分へのスイッチになります。呼吸もしていることすら忘れ(大丈夫です!人間、寝ているときも呼吸していますので)まん丸の地球の真ん中に仰向けに・・・というあたりで、やめておかないとヨガをされたことがない方は、引いてしまうのでやめておきます。

 

 

 

 

仰向けで、両肩に真上から手掌(しゅしょう)−−−手のひらで体重圧をかけ胸を開くのは整体の施術にもあって、このときは、胸鎖関節や肩鎖関節という鎖骨の関節に動きをつけるようにします。そう!転倒して手をついて骨折してしまったり、脱臼すると腕が上がらなくなってしまう骨です。

 

 

 

仕事を終え、整体ベッドに仰向けになると、両肩のうらがベッドにつかず身を固めていらっしゃる方もたくさんいます。

その場合、まず全ての施術の前に鎖骨(胸)を開きます。同時に舌先を尖らせて、上あごの前歯の少し後ろ辺りを、押し上げていただき喉のトンネルを広げていただきます。呼吸を通しやすくするのです。シャヴァーサナ(亡骸のポーズ)をサポートするようにし

「さあ、これから整体でリセットします。」という合図を送るのです。

 

 

 

ヨガも整体も、同じ人間を整えるために考えられたものですから共通して辺り前ですよね!

 

 

 

Posted by : スポーツ整体WALKIN | ヨガ練習記 | 16:36 | - | trackbacks(0)| - |
新年早々 立川ヨガホームに行ってきた。 そして、太陽礼拝が好きになった!

JUGEMテーマ:ヨガ・ストレッチ

 

 少し前の話で恐縮ですが、年明けの1月4日に立川ヨガホームで行われた、井上りえこ先生による「太陽礼拝を深める90分」という特別クラスに参加してまいりました。

 

新年の挨拶周りで混雑する銀座線に乗り込み、神田から中央線に乗り換え立川に向かいます。中央線といえば、後楽園ホールに格闘技観戦や最近では、IYCの九段飯田橋スタジオを利用する際に、水道橋駅で降りることが多いのですが、特急がわりと多いんですよね。一つ前の御茶ノ水で乗り換えないと、四谷まで行ってしまうのでいつも要注意です。なのですが、今回の行き先は立川ですので、そんな心配は必要ないのであります。

 

 

新宿を過ぎ、しだいに景色が変わり空が広くなっていきます。しばらくすると立川駅に無事到着!

駅からは5分もかからず、立川ヨガホームに行き着くことができました。

 

 

受付を済ませ、レッスン開始。

 

「太陽礼拝が、嫌いなひといますか(笑)」

という先生の意外(?)な質問からスタートしたのですが、その意味は・・・

 

・同じ動きを何回もしなければいけない。

・アシュタンガの場合、ジャンプしたり・・・最初に行う割りにハード。

など、先生の周りでもどちらかというと「太陽礼拝がそれほど、好きではない。」

という方もいるようです。

 

 

今回は、「はい!嫌いです。」と手を上げた人は、自分も含め参加者の中にはいなかった訳ですが、こうして振り返ると

もしも先生が質問を変え「じゃぁ、そこまで好きではない人は?」と聞かれたら、手を上げていたかもしれません。

そう、なんとなく好きではないのです。なぜか??その答えが今回、明らかになったのです。

 

ズバリ!

・呼吸のタイミング

・足の甲のずらし方

以上2点です。

 

この2つが曖昧だった為に、動作がぎこちなくなり、呼吸も連動しにくかったのです。

前者は、上体を前に倒すのに吸気をしなければならない場合の、注意点と簡易な方法。

後者は、チャトランガーからアッパードッグに移行するときの、足の甲の使いかた(今まで、足首を変にコネていた。)を教わりました。



2つに共通しているのは、滑らかな動(ヴィンヤサ)を妨げない=呼吸の流れを止めないということで、太陽礼拝の一連の動きで呼吸を行うという、本来の目的を果たすことができそうです。まさに、動く瞑想ですね。

 

といっても、ヒントをいただいただけですので、これらを頭に入れつつ、あとは実践あるのみなのであります。

 

「太陽礼拝が、一番好きです!!」

と言えるくらいに、練習しようと思います。

 

 

 

Posted by : スポーツ整体WALKIN | ヨガ練習記 | 12:46 | - | trackbacks(0)| - |
明日の整体 空き時間(11/14 火曜日)

11月14日 火曜日

 

13:00〜

 

14:00〜

 

15:00〜

 

 

 

下のバナーをクリックしてください。簡単にご予約できます。(明日午前9時まで)

午前9時〜午後18時までは、お電話にてお問い合わせください。

03−3841−9004

明日以降のご予約は、WEBから24時間可能です。

 

 

 

【初めての方】お一人さま約60分

・検査・簡単なカウンセリング

・施術後のストレッチ

・お着替えなど

15分

 

・整体施術

45分 税込み 5,200円

その他、ご不明な点ございましたらお気軽にお問い合わせください。

 http://walkin202.jp/

Posted by : スポーツ整体WALKIN | - | 18:54 | - | trackbacks(0)| - |
「突然 腰が痛くなった方」 明日の空き時間

11月13日 月曜日

 

11:00〜

 

12:00〜

 

16:00〜

 

18:00〜

 

下のバナーをクリックしてください。簡単にご予約できます。(明日午前9時まで)

午前9時〜午後18時までは、お電話にてお問い合わせください。

03−3841−9004

明日以降のご予約は、WEBから24時間可能です。

 

 

 

【初めての方】お一人さま約60分

・検査・簡単なカウンセリング

・施術後のストレッチ

・お着替えなど

15分

 

・整体施術

45分 税込み 5,200円

その他、ご不明な点ございましたらお気軽にお問い合わせください。

 http://walkin202.jp/

Posted by : スポーツ整体WALKIN | - | 19:06 | - | trackbacks(0)| - |
熊に襲われたらどうするか【敵を知り己を知れば百戦危うからず】

 

もやのかかった森林。足元には、沢ガニが横歩き。鳥がさえずり、川がせせらぐ。

「あ〜気持ちがいいな〜。」と振り返ると熊がいる。

もしも、そんな状況に突然、遭遇したら・・・

どう対処するんだろう??

 

 

先日、静岡の実家に帰ったさい標高のごくごく低い山に車で出かけました。途中車を停めて歩きに変えます。目的地の小さな滝に

向かうためです。すると、この先通行止めの看板に行く手をさえぎられます。となりには、熊出没注意!の看板が仲良く並んでいます。

そういえば、何年か前から熊注意!の看板はあったような気がしますが、正直気にも留めていませんでした。

しかし、最近、山などで人が熊に襲われたり、その他の動物も以前より山から下りてきているというニュースも耳にします。

しかし、せっかく来たのですからと目的地まで向かいます。しかし、ふと不安がよぎりました。もし万が一、熊と出くわしたら、対応ってどうやってするのか?(みなさん通行止めは守りましょう!)

 

 

【頭をかけめぐった不安】

・鈴を鳴らすのはいい?悪い?

・熊は走るのが速い?

・もしも飛び掛られてしまったら?

 

  

あと・・・死んだふりはダメだった気がする

 

「だめだ・・対応できない!」

 

というわけで、この日は滝に向かうの諦め、周辺を散策したのち、帰宅の途につくはめになりました。

多くの方が、大丈夫だというでしょう。しかし【君子危うきに近寄らず】ともいいます。

 

というわけで、帰宅後スマホで検索したのは

 

 

熊 遭遇 逃げ方

 

 

さっそく、疑問の答えがいくつかみつかりました。

 

・鈴を鳴らすのはいい?悪い?

人間がいるのを知らせるのは良いので、基本的にはOK。

周囲の音が聞きづらくなるので、笛などをたまに吹くのが有効という意見も。

 

・熊は走るのが速い?

時速50km以上。 

ウサイン・ボルトが9秒58で100Mを走ったときより速い。

後ろを向いてダッシュは禁忌。

 

・至近距離で遭遇したらどうする?

やはり死んだふりはだめでした!

さらに熊には臨海距離約12M(子連れの場合は約20M)というのがあり、この距離に入ると危機を感じ襲ってくる可能性があるそうです。

万が一、襲われて熊に組み付かれたら、

「死に物狂い」で反撃するとのこと。武器をもっていたら尚良いらしいです。

熊の攻撃は、約1分間だけですので、致命傷になりやすい後頭部、くび、お腹を頭を抱えた団子のようになりディフェンスに徹してから反撃すると、よほど人を食べるのが目的でないかぎり熊は引き下がっていくとか・・・考えるだけで絶望的です。

でも

 

 

もともと熊は臆病で、自分を守るために攻撃してくるんですね。しかし、酉の市の熊手のような手が、こちらを襲ってくるところは想像すらしたくないのですが、これで一応のシュミレーションは終了とします。

 

 

 

追記

 

本日、施術にいらした山に精通した方のお話。

 

熊第三世代というのがいて、猟師が減ったため人間の怖さを知らない世代がいる。

 

群馬のおじいちゃんが、熊のつめでお尻の肉ごと持ってかれた。

 

 

などの証言が!

 

 

 

 

 

やはり【君子危うきに近寄らず】ですね。

 

 

 

 

 

 

Posted by : スポーツ整体WALKIN | - | 17:12 | - | trackbacks(0)| - |
明日の空き時間

11月12日 日曜日

 

15:00〜

 

16:00〜

 

17:00〜

 

下のバナーをクリックしてください。簡単にご予約できます。(明日午前9時まで)

午前9時〜午後18時までは、お電話にてお問い合わせください。

03−3841−9004

明日以降のご予約は、WEBから24時間可能です。

 

 

 

【初めての方】

・検査・簡単なカウンセリング

・施術後のストレッチ

・お着替えなど

15分

 

・整体施術

45分 税込み 5,200円

その他、ご不明な点ございましたらお気軽にお問い合わせください。

 http://walkin202.jp/

Posted by : スポーツ整体WALKIN | - | 17:59 | - | trackbacks(0)| - |
癖になりそうな歩き方

 

 今年の3月に、脳梗塞で倒れてしまった私の母の右脚がだいぶ回復してきました。

以前、寝室にしていた自宅2階の階段をゆっくり上り、下りは手すりにつかまりながら、動かしやすい左足をゆっくり長く下ろしていきます。自然とつま先着地になり膝・腰などの衝撃を緩和しているようです。

 

 

 

 

三浦雄一郎の歩く技術 講談社の中で、三浦豪太さんがインターバルジョギングを提唱されています。

祖父の三浦敬三さんが行っていた、ゆっくり歩き&速歩をアレンジしたそうです。

やり方は・・・

 

まずはゆっくり歩いてほぐします。

,弔淦茱献腑ングを50歩。

∩疂發を50歩。

つま先ジョギングを70歩。

ち疂發を70歩。

といった感じで、20歩づつ増やしていきます。

 

普段からつま先から着地して鍛えておくと、アキレス腱がバネのように衝撃緩和してくれるようです。

最初はなれないせいか、50歩でも疲れてしまいましたが、2・3日経つと歩きに推進力が出る実感がありました。

結果、ある程度長い距離を歩いても、身体に不必要な負担がかからずに歩けそうです。

人通りの多い場所などはできませんが、裏道を選べば距離も稼げるし、近所のコンビニ・郵便局などに行く際も、時間を有効に使っているようで得した気分です。

 

 

 

つま先着地で思い浮かぶのは、舞台の端から真ん中あたりまで、脚を前後に開きながらも姿勢を崩さずに着地する男性のバレエダンサーや、忍者がやっていたといわれる、抜き足、差し足、忍び足も??そういえば、最近私も、玄関の電球交換で椅子の上に登ったあと、つま先着地していたのを思い出しました。この歩きかたは、しばらく続けてみることにします。

 

 

 

Posted by : スポーツ整体WALKIN | - | 12:37 | - | trackbacks(0)| - |
明日の空き時間(11/11 土曜)

 

11月11日 土曜

 

12:00〜

 

13:00〜

 

16:00〜

 

17:00〜

 

下のバナーをクリックしてください。簡単にご予約できます。

(明日午前9時まで)

 

 

 

午前9時〜午後18時までは、お電話にてお問い合わせください。

03−3841−9004

明日以降のご予約は、WEBから24時間可能です。

 

 

 

【初めての方】

・検査・簡単なカウンセリング

・施術後のストレッチ

・お着替えなど

15分

 

・整体施術

45分

税込み 5,200円

その他、ご不明な点ございましたらお気軽にお問い合わせください。

 http://walkin202.jp/

 

 

 

Posted by : スポーツ整体WALKIN | - | 19:27 | - | trackbacks(0)| - |
ジャンプスルーって難しい

JUGEMテーマ:ヨガ・ストレッチ

 

 

ある日、私の脳裏にこんな考えが浮かんできました。

「上の動画の0:40辺りのような、膝を伸ばしたままのジャンプスルーができないものか・・・」

 

 

私の現時点でのジャンプスルー(名乗っていいものだろうか?)スルーのほうにばかり意識がいきすぎて、低空飛行なのであります。ジャンプが足りないのです!

 

「とりあえず、腰をもっと高く上げてみたらどうだろうか?

そういえば、ハンドスタンド(倒立)の練習で、壁を使っていた動画を見たことがあるぞ。あれだ!」

 

というわけで、壁をつかって高い位置から降りてくる練習をはじめました。

 

 

 

 

「ジャンプスルーは難しい。でも楽しい!」

 

Posted by : スポーツ整体WALKIN | ヨガ練習記 | 12:31 | - | trackbacks(0)| - |
TOP