スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
アシュタンガヨガの練習

JUGEMテーマ:ヨガ・ストレッチ

JUGEMテーマ:健康のためにやっていること

 

今年の1月に、立川ヨガホームのWSに参加させていただいたのですが、帰りの中央線でぼんやり通過する駅を眺めていると、途中に荻窪駅が・・・

 

 

荻窪と言えば、IYCの総本山のようなイメージです。

ケンハラクマ先生が、はじめてスタジオを構えたのが荻窪(何年か前に現在の場所に移転された模様)です。

 

約10年前に、うちの整体院に通ってくれていた浅草在住の女性が当時、荻窪マイソールに通っていて、よく話しは聞いていました。

「ヨガって、そんなに朝早い!」

「約90分も、動きっぱなし!」

「男性は、全員上半身裸!?」

などの話しを楽しくしてくれました。

 

 

月日は流れ、わたしもアイワイシーに通い出したのですが、新宿から西というか、とにかく縁があまりない感じで荻窪に行くという選択肢はなく、通いやすい飯田橋のスタジオに月に1〜2回、練習に行っておりました。そこでチェックしてもらい、あとは整体院のベッドの横にマットを敷き、自主練習です。

 

IYCの講師陣の皆さんの、適格かつピンポイントなアジャストは、マジックのようでした。限界に感じていたポーズも(パドマアサナから手を後ろに組むなど)

アジャストによりできる可能性があるよと教えてくれるのです。自分の体が、そこまで一回でも行けたのならば、一人でもまたできるはずです。そんなかんなだで今だに誉めらたものではありませんが、プライマリーシリーズをなんとかこなせるように?なりつつあるときに、ふとこんな考えが浮かびました。

 

「今度の連休に、荻窪に一度マイソールを

受けに行こう。」

 

 

〜長くなりましたので、次回に続きます。〜

 

Posted by : スポーツ整体WALKIN | ヨガ練習記 | 14:59 | - | trackbacks(0)| - |
ヨガの練習を整体技術に融合させてみた 戦士のポーズ2

JUGEMテーマ:ヨガ・ストレッチ

ハタヨガの真髄

【白揚社】B・K・S・アイアンガー著 沖 正弘監訳

 

 

このアーサナ、かなりお気に入りです。

アシュタンガヨガのプライマリーの中でも

立ちポーズが終わり、座りポーズに入る前の

ひとつめのクライマックス!といった感じで

一人で盛り上がってしまいます。

 

形としては、さほど難易度は高くないはずですが、先生にも何度も修正されたり、練習会などでは、テーマになったりすることも多く、まさに【簡単なものほど難しい】の典型なようなポーズです。

 

上の写真にあるように、両足の股関節は共に外旋(がいせん)―――そとに旋回、クルッまわること

するのですが、上体を前方に捻ることと、前足の膝を曲げることにより、前足と後ろ足が、それぞれ違う種類の外旋になる気がします。

 

前足    歩行パターン まっすぐモモ上げ

後ろ足  スケートパターン  階段や山登りの時に、

地面を押す

 

という整体の施術 リハビリのパターンです。

左右のアンバランスで、逆にバランスをとる動きです

 

 

 

 

 

よし、掴めた!と自信に満ちて、スタジオに行くと

必ず直されます。

 

逆に意識しすぎか?

それとも全然、わかっちゃいないのか?

 

 

ただ、マイソールでは先生はしっかり見守ってくれていて、それまで毎回直されていたことがピタリと直されなくなったりします。そして、新たなポーズをくれたりするのです。

間違えでもなんでも、自分らしく進み、都度微修正していければと思う今日この頃なのです。

5秒のセルフタイマーのカメラのスイッチを、押して

からポーズに入るので時間が・・・

と苦しい言い訳

 

ヨガの好きな整体と一緒に

整体ストレッチの練習をしませんか?

下記よりお気軽にお問い合わせください。

 

https://peraichi.com/landing_pages/view/walkin

Posted by : スポーツ整体WALKIN | ヨガ練習記 | 14:24 | - | trackbacks(0)| - |
ヨガの練習を整体施術に融合させてみた。

 

日本を代表するアシュタンガヨガの総帥、ケン・ハラクマさんによると、ヨガには約4千年の歴史があると言われているようです。

施術の世界に目を向けると、タイ・マッサージでは、術者と受け手が息を合わせ体を整えていくので、2人ヨガなどと言われているようです。

確かにヨガの練習をしていると、「ん?!これは整体だ!」と思うことが多々あるのです。

 

 

その一つが、練習の最後に行うシャヴァーサナ(亡骸のポーズです。)

名前の通り、マットの上に仰向けになり大の字なるだけなのですが、すごく難しいのです。

肩は、天井の方に向かいマットにつきません。いわゆる、胸が開かない状態です。くびは歪み、頭は斜めに向いてしまいます。

もしかして死体のエキストラとしては、合格かもしれません。しかし、このポーズの狙いは大地に身をゆだね、呼吸を通すためだけのモノのごとく脱力することなのです。ここでよく先生が、両手のひらで肩の真上から心地良い体重圧をかけて胸を開いてくれます。アジャストと同時に、「あっ 開いてなかったんだ!」と、自分へのスイッチになります。呼吸もしていることすら忘れ(大丈夫です!人間、寝ているときも呼吸していますので)まん丸の地球の真ん中に仰向けに・・・というあたりで、やめておかないとヨガをされたことがない方は、引いてしまうのでやめておきます。

 

 

 

 

仰向けで、両肩に真上から手掌(しゅしょう)−−−手のひらで体重圧をかけ胸を開くのは整体の施術にもあって、このときは、胸鎖関節や肩鎖関節という鎖骨の関節に動きをつけるようにします。そう!転倒して手をついて骨折してしまったり、脱臼すると腕が上がらなくなってしまう骨です。

 

 

 

仕事を終え、整体ベッドに仰向けになると、両肩のうらがベッドにつかず身を固めていらっしゃる方もたくさんいます。

その場合、まず全ての施術の前に鎖骨(胸)を開きます。同時に舌先を尖らせて、上あごの前歯の少し後ろ辺りを、押し上げていただき喉のトンネルを広げていただきます。呼吸を通しやすくするのです。シャヴァーサナ(亡骸のポーズ)をサポートするようにし

「さあ、これから整体でリセットします。」という合図を送るのです。

 

 

 

ヨガも整体も、同じ人間を整えるために考えられたものですから共通して辺り前ですよね!

 

 

 

Posted by : スポーツ整体WALKIN | ヨガ練習記 | 16:36 | - | trackbacks(0)| - |
新年早々 立川ヨガホームに行ってきた。 そして、太陽礼拝が好きになった!

JUGEMテーマ:ヨガ・ストレッチ

 

 少し前の話で恐縮ですが、年明けの1月4日に立川ヨガホームで行われた、井上りえこ先生による「太陽礼拝を深める90分」という特別クラスに参加してまいりました。

 

新年の挨拶周りで混雑する銀座線に乗り込み、神田から中央線に乗り換え立川に向かいます。中央線といえば、後楽園ホールに格闘技観戦や最近では、IYCの九段飯田橋スタジオを利用する際に、水道橋駅で降りることが多いのですが、特急がわりと多いんですよね。一つ前の御茶ノ水で乗り換えないと、四谷まで行ってしまうのでいつも要注意です。なのですが、今回の行き先は立川ですので、そんな心配は必要ないのであります。

 

 

新宿を過ぎ、しだいに景色が変わり空が広くなっていきます。しばらくすると立川駅に無事到着!

駅からは5分もかからず、立川ヨガホームに行き着くことができました。

 

 

受付を済ませ、レッスン開始。

 

「太陽礼拝が、嫌いなひといますか(笑)」

という先生の意外(?)な質問からスタートしたのですが、その意味は・・・

 

・同じ動きを何回もしなければいけない。

・アシュタンガの場合、ジャンプしたり・・・最初に行う割りにハード。

など、先生の周りでもどちらかというと「太陽礼拝がそれほど、好きではない。」

という方もいるようです。

 

 

今回は、「はい!嫌いです。」と手を上げた人は、自分も含め参加者の中にはいなかった訳ですが、こうして振り返ると

もしも先生が質問を変え「じゃぁ、そこまで好きではない人は?」と聞かれたら、手を上げていたかもしれません。

そう、なんとなく好きではないのです。なぜか??その答えが今回、明らかになったのです。

 

ズバリ!

・呼吸のタイミング

・足の甲のずらし方

以上2点です。

 

この2つが曖昧だった為に、動作がぎこちなくなり、呼吸も連動しにくかったのです。

前者は、上体を前に倒すのに吸気をしなければならない場合の、注意点と簡易な方法。

後者は、チャトランガーからアッパードッグに移行するときの、足の甲の使いかた(今まで、足首を変にコネていた。)を教わりました。



2つに共通しているのは、滑らかな動(ヴィンヤサ)を妨げない=呼吸の流れを止めないということで、太陽礼拝の一連の動きで呼吸を行うという、本来の目的を果たすことができそうです。まさに、動く瞑想ですね。

 

といっても、ヒントをいただいただけですので、これらを頭に入れつつ、あとは実践あるのみなのであります。

 

「太陽礼拝が、一番好きです!!」

と言えるくらいに、練習しようと思います。

 

 

 

Posted by : スポーツ整体WALKIN | ヨガ練習記 | 12:46 | - | trackbacks(0)| - |
ジャンプスルーって難しい

JUGEMテーマ:ヨガ・ストレッチ

 

 

ある日、私の脳裏にこんな考えが浮かんできました。

「上の動画の0:40辺りのような、膝を伸ばしたままのジャンプスルーができないものか・・・」

 

 

私の現時点でのジャンプスルー(名乗っていいものだろうか?)スルーのほうにばかり意識がいきすぎて、低空飛行なのであります。ジャンプが足りないのです!

 

「とりあえず、腰をもっと高く上げてみたらどうだろうか?

そういえば、ハンドスタンド(倒立)の練習で、壁を使っていた動画を見たことがあるぞ。あれだ!」

 

というわけで、壁をつかって高い位置から降りてくる練習をはじめました。

 

 

 

 

「ジャンプスルーは難しい。でも楽しい!」

 

Posted by : スポーツ整体WALKIN | ヨガ練習記 | 12:31 | - | trackbacks(0)| - |
IYC神保町スタジオのアシュタンガヨガ

JUGEMテーマ:ヨガ・ストレッチ

 

本日は、アシュタンガのマイソールクラスに参加してまいりました。

神保町スタジオは、定員約10人ほどです。この日も、満員御礼という感じです。

 

はじめてのスタジオで、緊張していると先生がマットを敷くスペースをつくってくれました。

緊張を少しづつ、振り払いながらマットと自分に意識を持っていきます。いけたのか??

 

今回は、パスチマッタナアサナ(長座前屈)の際に、上半身がリキミすぎな所を指摘していただきました。

原因はバンダが、抜けていたのです。下っ腹やお尻の括約筋などの意識が甘くなっていたので、繊細に意識を心がけたところ

膝裏がマットに張り付くような感覚を得ることができました。さらに意識を深め、自分のものにしたいところです。

 

最後は、バッダ・パドマアサナです。今、練習している中では、一番苦手といっていいアーサナです。

「今日も手が届かなかった。」 「そのうち、できるといいな。」などと自分を慰めていると、先生が回ってきてくれました。

 ̄Δ慮甲骨からの使いかた、肘の脱力。

∈能蕕膨呂犧犬梁ゆびのロックのしかた。

などを説明したうえで、手を添えて誘導してもらい、なんと(!)はじめて右手で右足を掴む(触ったていどかも)ことができました。

 

とてもできそうになかったことが、できるかもしれない。できそうになる。できた!となるのが練習をしてて楽しいところですね。

まだまだ、捨てたもんではないという感じです。とても良い時間が持てました。ミカ先生ありがとうございました。

 

縛られた蓮華坐(れんげざ)と言うそうです

Posted by : スポーツ整体WALKIN | ヨガ練習記 | 15:41 | - | trackbacks(0)| - |
ジャンプスルーって難しい

 

JUGEMテーマ:ヨガ・ストレッチ

 

 

 

アシュタンガ・ヨガのビィンヤサ(特別な流れという意味らしい!)で肝になってくるなと感じるのが、ジャンプスルーです。

 

どうしても、両足をマットにズルズルっと引きずってしまい、ドスンと尻餅をついてしまいます。

 

教室でも、まっさきに勧められるヨガ・ブロックを用いた方法で練習してみました。

 

意識するポイントとして、踏み込む際の【膝を曲げすぎない】ことに重点を置いてみました。

膝を深く外に曲げたほうが、より高く飛べそうですが、私の場合をつま先に意識を置き膝を軽く曲げたほうが、骨格に合っているようです。腰の位置は自然と高いままになります。

 

【以上を意識した動画】

 

正直・・・あまり変わってるようには、見えませんね(笑

しかし、やっている本人は、少し以前よりも浮いた感覚を感じることができました!

 

ので、練習、練習、練習したいと思います。

そして、より深い呼吸を味わいたいと思います。

Posted by : スポーツ整体WALKIN | ヨガ練習記 | 15:22 | - | trackbacks(0)| - |
ロケットヨガ ビギナーコースに参加しました

JUGEMテーマ:ヨガ・ストレッチ

 

ロケットヨガのビギナーコースが秋葉原駅すぐ近くの、ヨガスタジオ タオhttp://taollc727.com/inst.phpで受けられることを知り、8月下旬と昨日の計2回にわたり参加してまいりました。

講師は、ヨガアースでもお世話になっているAYAKO先生です。(この夏、バリでティーチャートレーニングを修了し指導のギアがさらにアップ。)

 

 

まずは、太陽礼拝AとBを5回づつでウォーミングアップです。そして早い段階で、チャレンジする人はハンドスタンド系(倒立など)の動きが入ってきます。これが、なかなかうまくいきませんが、できないなりに身体がほぐれ、テンションが上がってくるのを感じました。私にとっては幸運なことに、参加数が少なめのこの日は、マットを前後左右に計5枚使わせていただきました。逆立ちで何度も転んでいると、中年が少年の心を思いだすようでした(!)

体験の方も女性ならではのしなやかさを活かし、簡易ポーズから最後は先生のアシストで、果敢にハンドスタンドなどにも挑んでおりました。お互いが刺激を受ける、良い空間です。

 

最後のシャバアサナは、思いきり身体を動かし心身を開放したせいか、真空状態?にいるような感覚を味わうことができました。今後もこのアシュタンガのインスパイア系?!のようなロケットヨガの練習を取り入れ、アシュタンガの上達に役立てていきたいと思います。

 

 

 

Posted by : スポーツ整体WALKIN | ヨガ練習記 | 12:01 | - | trackbacks(0)| - |
アシュタンガ ヨガ IYC九段飯田橋スタジオ

JUGEMテーマ:ヨガ・ストレッチ

 

昨日は、お天気が良かったので浅草〜飯田橋を自転車で往復してきました。

向かった先は、IYC(インターナショナルヨガセンター)の九段飯田橋スタジオです!

 

合羽橋〜上野の山を越え言問通り〜みたいな感じで進みます。途中、坂が少しきついがウォーミングアップと思い耐えます。(一度、途中下車。)

TOKYOドームシティが見えてきたので、案外近いなと思いつつもこの先が信号待ちなどで、意外と時間がかかってしまいました。

もう少し、近道がありそうです。

 

 

 

 

到着!

 

 

 

 

 

 

 

今回、参加したクラスはアシュタンガ1・2

【★マークははじめての方向け】とは、スケージュール表に記載されていたものの、はじまるまでは・・

 

「シリーズ1に少し2も入れて教えてくれるのかな?」

などとやや身構えていたものの、内容はシリーズ1のナヴァアサナ(船のポーズ)までを、丁寧に説明していただきながら行う感じでした。

 

個人的には

・呼吸が強くなっているときは、ポーズをとるカラダのどこかにも、力が入り過ぎている。

・ジャヌ・シルシャサアナCの足首のとりかた(股関節と連動して骨盤を開く感じ)

が大きな収穫でした。

特に骨盤を開く感じは、他のポーズにも応用できそうです。

思い切って参加してよかったです。

 

 

 

【ナヴァアサナ】

 

帰り道の自転車は、後半少し脚にきたことをつけ加えておきます。

Posted by : スポーツ整体WALKIN | ヨガ練習記 | 15:40 | - | trackbacks(0)| - |
アシュタンガ ヨガ ジャンプスルーって難しい!

JUGEMテーマ:ヨガ・ストレッチ

JUGEMテーマ:健康のためにやっていること

 

 アシュタンガヨガの練習をしていて、最初にぶつかったのが、「ジャンプスルー」「ジャンプバック」

という動きの流れです。ひとつひとつのポーズ(アサーナ)に入る前と後にこの流れが入ってくるのですが、慣れているかたでも

全身をフル連動させるので相当な運動量だと思います。

 

海外の先生のお手本を動画で

 

 

 

 

最初のうちは、力の伝え方はもちろんわからないですし、それに伴う筋力&柔軟性も無いので相当につらいのです。

しかも、やればやるほど疲労してきますし、そんな自分の姿を想像しただけで【見苦しい】のでメンタルも追い込まれていきます。

 

そんな時に、先生の言ったたこの言葉を思いだしたのです!それは・・・

 

「できない自分を受け入れる。」

 

という言葉です。正しいことではありますが、普段はなかなか恥ずかしくて、口にしづらいこの言葉。

 

しかし、床と格闘し、劣勢を強いられる自分・・・でも、できるようになりたいのです。そうしたらできる範囲からこつこつ

積み重ねていくしかないんです。と続けるものの、お尻からドスンと落ちるわけです。(これは、今現在も変わらず。)

 

 

 1年間、先生方のご指導と、自分でもヨガブロックを用いたり、YOUTUBEで動画をみたりで練習した結果、多少は負担なくできるようになってきました。アシュタンガヨガのレベル1を、悪戦苦闘しながら終えると、なんとも言い難い爽快感に包まれます。

さらに上達したら、いったいどんな爽快感が待っているのか?!今から楽しみなのであります。

 

 

Posted by : スポーツ整体WALKIN | ヨガ練習記 | 12:54 | - | trackbacks(0)| - |
TOP