スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
東海道五十三次歩きつぶしの旅 「岡部〜藤枝」
JUGEMテーマ:趣味


5/18(水)
旧東海道歩きに行ってまいりました。
思い起こせば、日本橋を出発したのが2010年だから今から約6年前。紆余曲折(?!)ありながら実家のある静岡市清水区(旧清水市)も無事に通りすぎ、燃え尽きてしまったのか前回の鞠子(まりこ)宿からは約3年も空いてしまいました。http://walkin202.jugem.jp/?cid=8 我ながらかなりのペースダウンです。いったい、京都三条大橋に辿りつくのはいつになることやらという感じです。

しかし、あれこれ考えていても埒が明かないので、とりあえず前回の続きから、歩きはじめました。



宇津之谷峠にある町並みです。秀吉が褒美の羽織を与えた、お羽織屋があります。
標高差あります。











こちらが明治のトンネル(国の有形文化財)

国内の人々はもちろん、様々な国の方がこの道を通り抜けたそうです。
静岡側から入った瞬間、体中を圧するような不思議な感覚に体が包みこまれるようでした。そして、焼津側に抜けると
不思議な開放感がありました。すぐそばに国道一号線が通っているのに、ここは森の中
まるでサンクチュアリです。


緑と風を浴びていたら、くるくる体を回転しながら、両手をプロペラのように広げて歩いてしまいました。






この日歩いた距離
約11km
約1万6千歩

京都三条大橋まで 残り49万2666歩



 
Posted by : スポーツ整体WALKIN | 東海道五十三次、歩きつぶしの旅 | 10:56 | - | trackbacks(0)| - |
東海道五十三次歩きつぶしの旅 鞠子〜
JUGEMテーマ:趣味

 2013 1月某日

旧東海道を散策してきました。

とろろ汁が有名な鞠子宿をゆっくり散策


途中、ハイキングコースに寄り道・・・満観峰の頂へ。そこは365度パノラマの絶景(!)
しかし帰り道で少し迷ってしまい、あっという間に陽が暮れていく
そしてなんとかJR用宗駅へたどりつく(汗)



次回は今回歩き終えた場所まで、最寄駅よりバスで行くことにします!



Posted by : スポーツ整体WALKIN | 東海道五十三次、歩きつぶしの旅 | 17:14 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
東海道五十三次 歩きつぶしの旅「三島〜吉原◆
 6kmほど歩き、沼津
ガイドブックによると、このあたりは五万石の城下町としてや宿駅としてもかなり栄えたとのことですが、大火事や区画整理のため当時の面影は失われてしまったとのこと。


沼津城あとも、こんな感じ・・・



雨も降ってくるなか、トラックが猛スピードで走るような道はやはり歩きづらい。
いや、歩いているほうがおかしいですね(笑い


〜ここで妄想〜
江戸時代のひとも、家康の伝馬制により東海道の交通量が増えたことにより、行きかう人や馬を見て便利になったなぁと希望に胸を躍らせるひともいれば、うるさくなったな!と嘆くひともいたのでしょうか??



雨がつよくなってきたので、旧東海道からははずれるのですが、千本公園の中を歩くことに


駆け上がりたくなります





千本松原だ!

1580年に武田勝頼が駿河に攻め入った際に、合戦の邪魔になるとして伐採してしまったらしく、これに心を痛めた増誉上人は念を唱えながら松を植え続けたようです。約5年の歳月をかけ千本の松を植えて根付かせ、これが松原の由来となったようです。やはり一歩づつなんですね!


増誉上人



6kmほど歩き を通過

雨が降ってたのでそのまま 約12km歩き毘沙門さまで有名な妙法寺を見学

吉原到着!

あ〜終わり 終わり!(雨の中なんでそんな感じでした)

というわけで、昨年5月にスタートした東海道歩きも約1年半たってしまったが
ただいま、日本橋〜府中まで約170

終着点の京都の三条大橋までは約220辧


先は、長い・・・

Posted by : スポーツ整体WALKIN | 東海道五十三次、歩きつぶしの旅 | 14:42 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
東海道五十三次 歩きつぶしの旅「三島〜吉原」
 更新が遅くなってしまいましたが、先週9/26、27と連休をいただき久々に旧東海道を歩いてまいりました。


今回は、昨年末の「サイフ紛失、現代の追い剥ぎ事件」(自分が、電車にバックを置き忘れただけですが・・・)
気が向いたかたは、コチラを!http://walkin202.jugem.jp/?day=20110104
で、飛ばしてしまった三島〜吉原を歩くことにしました。


三島は、駅前から民家の間に綺麗な水が流れているんですね。

ガイドブックによると千貫樋(せんがいどい)といって、なんでも水不足の駿河の田を潤すためにつくられたとか。
・費用に千貫かかったとか
・北条氏康が我が子を今川氏真の元へ婿養子に出す際の引き出物として、伊豆の水を送ったという話もあるとか・・・スケール大!

お天気は曇りでいまひとつの中、約6kmの道のりを沼津宿まで向かいました。つづく



Posted by : スポーツ整体WALKIN | 東海道五十三次、歩きつぶしの旅 | 18:21 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
東海道五十三次の旅 三島〜吉原のはずが・・・
JUGEMテーマ:健康
2010 12/30 前回は三島で終了したので今回の予定は・・・


30日、三島〜沼津〜原〜吉原まで (富士宿泊なので約30辧

31日、吉原〜蒲原〜由井〜興津〜江尻


江尻は、僕のふるさと清水なので、実家でそのまま年越しという計画。

しかし・・・


三島に向かう際、伊東行きに乗ってしまったので、熱海で乗り換える。

ここで、財布を電車の中に忘れてしまう!

駅員さんに、泣きそうになりながら捜索してもらうと、伊東駅で預かっているとのこと

熱海〜伊東に 



財布のお札が綺麗に抜かれてました。

自業自得とはいえ、すっかり意気消沈。


電車で富士のホテルへ
三島〜吉原は一旦飛ばし、また後日

これぞ、現代版・東海道五十三次!

翌朝、気持ちを切り替え、実家まで歩いて向かう。





義経の後を三河国から追い、この地で力尽きたという、浄瑠璃姫の菩提樹が。
一途だ・・・(蒲原)



広重の絵にもある景色。富士山と駿河湾、この二つは不変なのだ。 (由井)



関節みたいな木が!



お天道様に、隠し事はできません。



夕方、無事に江尻(清水)到着


実家で年越し。



2011 1/2 江尻〜府中まで

歩いたら、JR清水駅から静岡駅の少し手前くらいでした。

そのまま、高校時代の同級生と合流し、ガンダム見学。








彼は、製作に携わりました(嘘です。)



今回歩いた距離(二日間)

吉原(富士)〜府中
約34.2km(約57000歩)
Posted by : スポーツ整体WALKIN | 東海道五十三次、歩きつぶしの旅 | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
東海道五十三次の旅 「箱根関所〜三島」 ”箱根越え達成”
 

石から石へ、飛びうつるように坂道を下っていく。ぐらぐらしていそうな石は、瞬時に避ける、苔の生えている石も滑りそうだ。さながら、忍者になったような気分になってくるが、はっと我に返り、上がり過ぎた速度を緩めるため、坂の脇めがけ斜めに飛び移る。

ここで小休止。

こんなとこで骨折でもしたら、大変だ。他に誰も歩いてないし・・・


10/18(月曜日) 前回、相模湖まで歩いたため今回は小田原駅〜バスで
箱根関所跡まで行き、そこからスタート!


っていうか

下りだけでなく、上りもいい感じであるんですね・・・

もう上りは終わったと、勝手に思い込んでいたので精神的にきつい!

さすが、箱根峠!!



休憩!



今回は、左の膝の外側に痛みが



腓骨頭が、上がっていて左膝がゆるんでいたので





キネシオで、押さえるように固定(大分、楽になった)

・左の四頭筋、内転筋群、腸腰筋群などの強化(歩行の際、左足をもう半歩踏み込む)
・体重を落とすこと

この二つは、課題だ。



前回に続き距離は稼げませんでしたが、無事に箱根を越え静岡県まで到達できたことを・・・




三島大社に報告!



今回、歩いた距離約14.8Km 24,667歩
Posted by : スポーツ整体WALKIN | 東海道五十三次、歩きつぶしの旅 | 13:18 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
東海道五十三次の旅 小田原〜箱根・芦ノ湖 
JUGEMテーマ:健康
正直、あまりの暑さに中断していた東海道・歩きつぶしの旅が電撃的に復活!

9/14(火曜)連休を利用して行って まいりました。

まずは、小田原城を見学。

朝から、登校拒否のようにグダグダしていたため、なんとPM12:00になってしまい
慌てて出発。


まだ、100匚圓辰討覆い鵑澄ΑΑ





三枚橋を左に入ると、旧東海道に

あとは、ずっと坂、坂、坂・・・

さすが、東海道最大の難所

き、きつい



石畳 雪、泥などで膝まで浸かることもあったため、1680年に
1400両もの公金をかけて敷かれたとのこと



時に、命を落とすこともあったようだ





きつい!

PM4:30 芦ノ湖に到着

今回活躍するはずだった、最近購入したばかりの「iphone4」のGPSは、前日にアプリにあった”ファズル”というゲームをやりすぎたせいか、途中まさかの充電切れ(涙)

真上に上った太陽が、澄んだ芦ノ湖の水面にキラキラと反射していて、とても綺麗でした。
(写真は、撮れず・・・)


今回歩いた距離 小田原〜箱根 約16.6km(27,667歩)
Posted by : スポーツ整体WALKIN | 東海道五十三次、歩きつぶしの旅 | 20:41 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
東海道五十三次の旅・藤沢〜小田原 人生・喜怒哀楽
昨日、7/12(月)久々に東海道歩きつぶしの旅に行ってまいりました。 


そして今回、歩きながら様々な思いが頭をよぎりました。



まず最初に訪れた感情は・・・



夜中の12時にスタートしたのが災いしたか、藤沢駅〜スタート地点の旧東海道に行くまで迷ってしまい
あげくの果て、山の中の住宅街に迷い込んでしまう。


「俺は、ひとりで何をやっているんだろう・・・」

「日曜日の夜だから、みんな明日に備えてもう寝てるんだろうな。」

など次々とネガティブな感情が襲ってくる。

明日は天気が荒れるらしく、風も強くなってきた。




泣きそうになりながら、街の明かりを頼りにしばらく歩き、なんとか軌道修正。

しかし、気持ちは後ろを向いたままだ。





つぎに襲ってきたのは怒り。日ごろの不満(自分への苛立ちを含め)過去の失敗なども思いだす。
やはり、夜歩きだしたのは失敗だったのか??







茅ヶ崎市に入り、街道沿いには、松の木が植えられている。松ぼっくりを蹴飛ばしながら歩くと、童心にかえった気がする。

そして相模川を越えるあたりで、突然気持ちがスーッと楽になる。
怒りや、情けない思いも同時に体から抜けてくるように。こうなると、歩くのが楽しくなる。
そのまま平塚の駅前に行き東横インに、チェックイン!




やっぱり歴史のお勉強。



翌日、午前中にホテルを出発。途中雨のシャワーを浴びながらも、気合で前進。
大磯まで辿りつくと、鴫立庵という俳句道場が。

なんでも、三大俳句道場のひとつらしい。

ちょっとした異空間。








小田原の手前にある酒匂川

二宮金次郎の生家はこの近くにあったとか


そして東海道にいくつかある、徒歩(かち)渡り (ようは川を歩いて渡る)をしていたという川の、一番最初のやつがこれ。

この日は、天候のせいで川が大荒れ。

こういう日でも、現代は立派な橋がかかっているので助かります!






そして、小田原到着!


今回、歩いた距離。

藤沢〜小田原  約32.2辧複毅械僑僑景癲



Posted by : スポーツ整体WALKIN | 東海道五十三次、歩きつぶしの旅 | 17:22 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
東海道五十三次の旅◆/斉狎(横浜)〜藤沢


江戸時代に、護符として旅人が携帯したという、白澤図 

昨日は、東海道・歩きつぶしの旅に行ってきました!

今回は、坂道が多く「坂道のくだり方」http://walkin202.jugem.jp/?eid=156が役立った・・・

しかし、坂道は、昔よりも低い部分が盛られたりして、なだらかになっているとこが多いみたい。

程ヶ谷〜戸塚間の権太坂を登りきったところに、「投げ込み塚」があり、実際に、人馬の遺骨が発掘されたようで、当時の過酷さがわかるような気がします。









龍馬の妻が、働いていた田中家!(神奈川)


その他、本陣軽部家跡(程ヶ谷)など、当時の建物がかなり残っておりました。




・昨日の整体式歩行
荷物を持った手の肩甲骨を、柔らかく使う

左手に、着ていた上着のシャツを持って歩いた為、左肩甲骨の動きが固くならないように、気をつける。手に荷物を持つと、肩甲骨の動きが悪くなり、どちらかの足が痛くなったりする(それでも昨日は、左の足首が痛くなった・・・)



今回歩いた距離、神奈川〜程ヶ谷〜戸塚〜藤沢
約20.9
(約34,834歩)






Posted by : スポーツ整体WALKIN | 東海道五十三次、歩きつぶしの旅 | 15:25 | comments(0) | trackbacks(1)| - |
東海道五十三次の旅、はじめました!2010 4/26 〜後編〜
 更新が、遅くなってしまいましたが(汗)、4/26(月)の報告の続き。。。


多摩川を越え川崎に入ると、旧東海道の道標がたくさんある。
なんだか、さらに実感がわいてきた!

ちょっと迷っても・・・


あってる、あってる!

川崎の宿の中心は、かつて新宿(しんしゅく)と呼ばれたみたい。
街道をのぼる旅人の休憩地、くだる旅人の六郷の渡しを控えた、最後の宿泊地としてたいへんな賑わいだったようだ。そんな風に考えつつ、居酒屋、焼肉などの飲食店の風景や、夕暮れ時の川崎の駅前を行きかう人達を見ていると、なんだか違った感じに見えてきて楽しい。

松尾芭蕉の関東最後の句碑などゆっくりみたせいもあるし、神奈川に入った安心感か・・・ペースはかなりゆっくりめに。

京急の鶴見駅を越え、この日の最終的な目安にした、横浜駅までわりと単調な道に・・・

しだいに、陽も落ちてきた。
PM7:15 ようやく、横浜駅付近に。月がぼんやりしている、同時にぼくの意識も、ぼんやりだ。

電車で帰るのが、面倒になりサウナを探してたが、近くになかったので眼に入った「和風ビジネス旅館」
に思い切って入ると、親切な老夫婦がとてもよくしてくれて、大当たり!
疲労困憊な表情で、ストレッチだ・・・


翌日は、仕事が入っていたので5時起床で、横浜駅から上野までもどる。
昨日の、出来事や風景が、映像になって巻き戻しされるように頭をよぎる。
夢を見ているようだ。

この健康的な妄想((笑 ぜひ、続けたいと思います。

今回、歩いた距離約28.5 (約4834歩)
 日本橋〜神奈川(横浜駅まで)

Posted by : スポーツ整体WALKIN | 東海道五十三次、歩きつぶしの旅 | 12:09 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
TOP