スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< 腕をあげると肩が痛い | main | アシュタンガ ヨガ IYC九段飯田橋スタジオ >>
アシュタンガ ヨガ ジャンプスルーって難しい!

JUGEMテーマ:ヨガ・ストレッチ

JUGEMテーマ:健康のためにやっていること

 

 アシュタンガヨガの練習をしていて、最初にぶつかったのが、「ジャンプスルー」「ジャンプバック」

という動きの流れです。ひとつひとつのポーズ(アサーナ)に入る前と後にこの流れが入ってくるのですが、慣れているかたでも

全身をフル連動させるので相当な運動量だと思います。

 

海外の先生のお手本を動画で

 

 

 

 

最初のうちは、力の伝え方はもちろんわからないですし、それに伴う筋力&柔軟性も無いので相当につらいのです。

しかも、やればやるほど疲労してきますし、そんな自分の姿を想像しただけで【見苦しい】のでメンタルも追い込まれていきます。

 

そんな時に、先生の言ったたこの言葉を思いだしたのです!それは・・・

 

「できない自分を受け入れる。」

 

という言葉です。正しいことではありますが、普段はなかなか恥ずかしくて、口にしづらいこの言葉。

 

しかし、床と格闘し、劣勢を強いられる自分・・・でも、できるようになりたいのです。そうしたらできる範囲からこつこつ

積み重ねていくしかないんです。と続けるものの、お尻からドスンと落ちるわけです。(これは、今現在も変わらず。)

 

 

 1年間、先生方のご指導と、自分でもヨガブロックを用いたり、YOUTUBEで動画をみたりで練習した結果、多少は負担なくできるようになってきました。アシュタンガヨガのレベル1を、悪戦苦闘しながら終えると、なんとも言い難い爽快感に包まれます。

さらに上達したら、いったいどんな爽快感が待っているのか?!今から楽しみなのであります。

 

 

Posted by : スポーツ整体WALKIN | ヨガ練習記 | 12:54 | - | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 12:54 | - | -| - |
この記事のトラックバックURL
http://walkin202.jugem.jp/trackback/602
TOP